04:高橋 賀也

【フィッター高橋の部屋】勝つために「プレミアム」コースを実施!!

先日、プレミアムコースを実施したお客

 

様は、赤坂SRで走っている方

 

 

★レースで勝つため!速く走るため!!

 

・下ハンドル使用時に腰全体に違和感

 

・クランク長はこれで良いのか?

 

プレミアムコースで見ていきます。

 

0331prm

 

 

  まずは「5000」の内容を実施しまし

た。

 

サドル位置・ハンドル位置はほとんど問

題なし!

 

クリート位置は、お客様交換時に勘違い

 

があったため、右足のクリート位置を大

 

きく変更。

 

 

 

 

 本格的なパーソナルフィッティングタイ

ムは、

 

 

ペダリングのチェックとフォーム作りに

 

時間を割くことになりました。

 

0331prM前

 

 

最初の頃のペダリングの状態です。

 

左足が58%で右足42%というパワー

 

バランスの大きな差が認められました。

 

 

 8%という大きな差は、左右対称で扱う

 

自転車という乗り物の性質上大きな問題

 

となります。

 

 

 

 

 

 

ペダリング自体もチェックすると

 

0331prM前解説

 

ペダリングスキル的にも右足の上死点か

 

らのトルクがうまくかかっていません。

 

 

赤グラフから青グラフにかけて段々とグ

 

ラフが高くなるのが理想なのですが、左

 

と比べても良くない状態です。 

 

 

 

 

 

 

膝の動きもチェックしていきます。

 

 ウェッジなどを試して頂きながら、お客

 

様のフィーリングとポジションの最適化

 

を図ります。

 

 

 

筋肉の使い方で動きの改善が見られそう

 

でしたので、筋肉を付けて頂く方向で膝

 

の軌道改善の話をしました。 

 

 

 

 

 

ペダリングについては、フォームが大

!!

 

 

フォーム体の使い方をお伝えする

 

と・・・・

 

 

最終的には改善傾向に向かいました!!

 

 

0331prmグラフ

 

 

 パワーのバランスも4%改善!

 

 

まだまだ左右差がありますが良くなって

 

います。

 

 

 

 

グラフも赤から黄色にかけて下がらなく

 

なりました!

 

 

ピークトルクの位置もバッチリです!!!

 

 

 

 

 

そしてお客様の声!!

 

 

「いつもの赤坂SRの皇居周回コースで

 

タイムが速くなった!!

 

 

腰の違和感もなく、快適に走っていま

す。

 

 

 ペダリングも意識しながら走っています

 

 

とのお言葉を頂きました。

 

 

 

 

 

嬉しい限りです!!

 

 

パワー差については数週間では改善しき

 

らないと思うのでもうしばらくしたら、

 

再フィットしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月と来月の予約表です。

 bio予約45月

 

すでに予約が埋まっているところもあり

 

ますので、複数の希望日程をお伝えくだ

 

さい。

 

 

予約受付 高橋 03-3350-1288 

 

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

 

他のフィッターもいる

 

「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 

ysroad_bioracer

徹底サイズ主義!ワイズロード独自開発のバイクフィッティングシステム
【BiORACER】の最新情報をFacebookにて配信中!!

 

 

**ロードバイクの情報はこちらをCLICK!!!!!***

**すべてのバイクに宿るレーシングマインド!COLNAGOの情報はこちらをクリック***

**ベルギー育ちの確かな品質。RIDLEYの情報はこちらをクリック***

**当店販売数日本一!CANNODALEの情報はこちらをクリック***

**スポーツバイク界をリードする!TREKの情報はこちらをクリック***

**特価品の情報はこちらをCLICK!!!!!***

連日スペシャルスタッフが最新情報を更新中!
『ワイズロード新宿本館』スペシャルホームページ!!

SPHP_banner400.jpg

 

TEAM・Y

★★TEAM・Y入会案内はこちら!★★

MTBのカスタムはお任せください!!
ワイズロード新宿本館のMTBスペシャルコーナー!



【フィッター高橋の部屋】3月実施のお客様の声+予約表

なかなかの忙しさの中で、実施も難しくなっていますがやってます

 

よ!!

 

 

 

ロングライドやブルべを行なっているお客様

 

*ハンドルがふらつく(加速時など)

 

*登りがきつい

 

ということで5000コースを実施!コンフォートでなく「スポーツ」

 

コースを選択しました。

 20160305

 

SMPのサドルを使っているので着座位置と計測場所が決めにくいので、

 

実測でどんどん進めます!

 

 

バイオの数値とは離れましたが、実測するとサドル位置は良い位置でし

 

た。

 

体型的にハンドル位置が実車よりも「高く遠く」と出ました。

 

フィッティングした感じももっとハンドルが遠くても良いと思います。

 

実際に上の画像がバイオの数値で実車は30mmくらいステムが短いの

 

で、近いと思う方もいると思います。

 

その後のお客様の「声」

 

「ハンドル周りを変えて、ダンシングがしやすくなった」

 

 「乗りやすくなった」

 

「ハンドルの高さはバイオより下げて様子を見ています」

 

 ということで今後も改善していければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルクライムやロングライドなどイベント参加も楽しまれている 山形

 

からお越しのお客様

 

右膝・腰痛

 

5000のロード「スポーツ」コースを実施です。

 

20160311

 

流石に山形からの持ち込みは難しかったので、シミュレータの体験をし

 

て頂きました。

 

データシートで出た値の説明と実車での合わせ方を説明させて頂きまし

 

た。

 

膝へのアプローチとしてウェッジもオススメさせて頂きました。

 

その後のお客様の「声」

 

「いい感じですよ!」

 

「ウェッジも入れて力が入る感じになって、楽になりました」

 

膝も腰も痛みが楽になったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宇都宮からお越しのお客様

 

*ポジション全般の見直し

 

*ロードでトライアスロンもやる

 

ということで5000のロード「コンペティション」

 

トライアスロン「コンペティション」コースを実施!!

20160313R

 

20160313tr  

 

ロードバイクでDHポジションを取ることのメリットとデメリットを 伝

 

えました。

 

ロードバイクでDHポジションをとることの限界と注意点が分かった上

 

でのポジション出し&煮詰めになります。

 

DHポジションでのぺダリングがぎこちなかったので、そこも改善点と

 

して伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

 トライアスロンを5年やっているお客様

 

*楽に長く乗れるポジションを知りたい

 

トライアスロン「スポーツ」コースで実施しました。

20160317tr

 

TT用サドルを使っているため数値は計測値と変わってしまいます。

 

前に乗りすぎてしまうので、着座位置にも注意するようにお伝えしまし

 

た。

 

(ポジションでなくフォーミング的に着座位置をチェックしました)

 

 

 

 

 

 

 

ヒルクライムやロングライドを楽しんでいるお客様

 

*トルクかけると左膝裏・右のお尻(中殿筋あたり)に違和感

 

*クリートがしっくりこない

 

ロード「スポーツ」コースを実施

 20160317

 

膝の角度や位置からサドル位置を決めましたがポスト形状で10mm前

 

に行かず。

 

ハンドルはスペーサー30mm分、全抜き!しました。

 

その後のお客様の「声」

 

「ポストを変えて10mm前にしました」 

 

「膝や中殿筋も良くなってきた」

 

と良い状態のご様子でした!

 

 

 

 

 

 

ロード歴3年、ロングライドを楽しんでいるお客様

 

 *昨年くらい前から右膝が痛む

 

ロード「コンフォート」を実施

 20160321   

 

こちらのお客様もサドルがSMPのため計測値がずれるので実測合わせ

 

膝が痛むということでクリート位置もチェック!

 

左右のクリート位置を基準に合わせて変更しました。

 

左右のクリート位置を変えたのでゆっくり慣れて頂くようにお話ししま

 

した。

 

 

お客様と相談して進める 1時間! 

 

満足して頂けるように尽力しています!!

 

 

 今月と来月の予約表です。

 bio予約45月

 

すでに予約が埋まっているところもありますので、複数の希望日程をお

伝えください。

 

予約受付 高橋 03-3350-1288 

 

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

 

他のフィッターもいる

 

「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

ysroad_bioracer

徹底サイズ主義!ワイズロード独自開発のバイクフィッティングシステム
【BiORACER】の最新情報をFacebookにて配信中!!

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】全日本選手権チャンピオン(オートバイ)が「プレミアムコース」を実施に来た!!!

普通にバイオレーサー「プレミアム」の予約を受けて、実施にいたり

 

お話を聞いてビックリ!!!

 

ジャンルは違えど、2輪のトップレーサー! 

 

小山様がプレミアムを実施に来店されました。

20160308_170427

 

 話しを聞いてどこでビックリしたかと言うと。。。

 

「傷病歴」

 

複数の骨折箇所!!!

 

その多さにただ事ではないと思いましたが、職業を聞いて納得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本題のフィティングはというと

 

普段はあまり下ハンドルをつかわないとのこと。

 

コース選択を「コンペティション」(写真上)「スポーツ」(写真下)でシミュレータ体験して頂きました。

 31分22秒_747 

小山様plm

 

お話も伺った結果、「スポーツ」コースでポジションを煮詰めることになりました。

 

 

 

 

 

 

クリートの位置

 

サドルの位置

 

ハンドルの位置

 

これらがほぼ実車通りでした!

 

サドルが少し前で若干前乗りだったので少し後退させただけですみました。

 

36分21秒_128

 

 1つ1つフィッティングしながらポジションやフォームを詰めていきます。

 

右足がしっくりこない(高トルクだとが足が痛むなど)との話もあり、クリート周りをチェックしても問題ない。。。

 

そこで話をさらに伺い、右足にウェッジを入れると・・・

 

 

踏める!!!

 

力がしっかり伝わる!!

 

ということで2枚入れて様子を見ながら1枚にするか考えて頂くことになりました。

 

 

 

 

ペダリングの波形もW型に近い波形がだんだん良くなっていきました。

 

 20160308_144145

 

 画像↑はフィッティングを始めた頃の波形です。

 

フィッティング後半はもっと波形が良くなりました。

 

 

 

 

最後に 

 

・ ぺダリングの円運動の意識を高めること

 

骨盤周りのバランスを高める(体幹の筋力を高める)こと

(これはライダー特有の動きのための筋肉が強く、筋肉のバランスも整える必要があると思います)

 

 ・インソールを作ること(ウェッジで改善しましたが、もっとフィーリング良くできると思います)

 

以上をお伝えして、テスト走行2kmを行なって終了しました。

 

バイクポジションがほぼ合っていたので、スムーズに進みました。

 

 

 

 

モータースポーツの怪我はエグイ!

 

大変な仕事だなーと思いました。 

 

 うちの子もバイクが好きなんですがどうなることか。。。

20151205_153300

 

 ツインリンクモテギでサンプルのポケバイにご満悦!

 

 

 

 

 

3月の予定表です。

 

4月になると店舗がもっと忙しくなることが予想されます。そうなると実施できる日程も少なく

なると思います。

 

ですので3月の実施をおススメします。(すでに予約で埋まっているところもあります)

bio3月予定表

 

 ご予約は 新宿本館 03-3350-1288  高橋までお問い合わせ下さい。

 

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

 

他のフィッターもいる

 

「プレミアム特設HP」はこちら

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】バイオ研修「畑中選手PLM」に行ってきました!

 先日、バイオレーサー1級フィッター研修に行ってきました。

 

ハッキリ言って畑中選手に感動しました。

 

 

ご本人も言ってましたが、確かに身体的に左右差があります。

 

 

腕の長さが違うなどの骨格的な違いもですし、筋力の差も若干感じました。

 

 

それを理解し、自転車に乗ったときには左右差を埋めるようにポジションや体を使う!

 

プロの仕事です!!

 

乗車時のことを考えて1つ1つの筋肉を調整しているのが伝わってきました。

 

20160225_134133

 

まずは問診や身体チェックです。

 

フィッター一同見守る中、進んでいきます。

 

 

 

 

 

フィッターが個々に気になるところを質問していきます。

20160225_152428

 

実際にバイオで算出されたポジション↑

 

 

 

 

 

コンピュトレーナでぺダリングもチェックしていきます。

 

20160225_143452

 

ぺダリングを見ると波形はまだ改善の余地ありのデータに!

 

パイオニアが支給されたということで、ご自身でも研究していきますとのことでした。 

 

 

 

 

 

 

 とっても美しい乗車フォーム!!

 20160225_150336

 

 1つ1つの動きに対して考えて自転車を合わせ

 

1つ1つの動きの精度を上げるために体を作る!

 

1つ1つの動きを作り上げるトレーナーとの関係も良いなーって思いました。

 

自分もお客様とこのような関係になりたい!!と強く思いました。

 

 

 

 

 

3月の予定表です。

4月になると店舗がもっと忙しくなることが予想されます。そうなると実施できる日程も少なくなると思います。

ですので3月の実施をおススメします。(すでに予約で埋まっているところもあります)

bio3月予定表

 

 ご予約は 新宿本館 03-3350-1288  高橋までお問い合わせ下さい。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

 

 

他のフィッターもいる

 

「プレミアム特設HP」はこちら

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】2月最終週も十人十色のフィッティング!

今月も多くの方にバイオレーサー5000を実施させて頂きました!

ありがとうございます!!

皆様のサイクルライフ快適で楽しくなるために、日々勉強しています!!

 

 

 

ミニベロでの実施のお客様

ミニベロだとポジションの再現が難しいことは了承頂いた上で実施させて頂きました。

0221baio

シミュレータではポジション出せても、ミニベロの限界があります。

実際にはサドル周りを合わせるにとどまりました。

ハンドル位置は再現出来ませんでした。

 出来るだけご要望にはお応えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ロングライドメインで楽しんでらっしゃるお客様

ポジションの見直しのために、5000コースを実施しました。

0222bio

サドルの高さがバイオデータで24mm高→実際のフィッティングもふまえて更に6mm高くなりました。

サドル後退幅も膝の位置を見て12mm後退

回しやすく股関節周りの筋肉をバランスよく使えるポジションに変更しました。

サドルが上がったことでハンドル落差が大きくなりましたが、現状で落差がきつくなければステム130mmに変えることを提案させて頂きました。

 

 

 

 

 

 千葉からお越しいただきましたお客様

サドルを変えてポジションを変えていくうちにわからなくなったというお客様。

仕事も影響し腰痛が出やすいそうで、ポジションガ合っているか不安な様子。

0223bio

ポジション的にはバイオのポジション+フィッティングしたポジションもあまり変化なく。

初期のセッティングが良かったんだと思います。

ハンドルをもっと近く高くするように出ましたが、現状でも無理ないポジションなので様子を見てもらうようにしました。

 

 

 

 

 

 

夫婦で実施!

まずは旦那様

レース参加も考えてコンペティションコースでポジションを出しました!

ステムの長さと角度に疑問をお持ちでした。

0228gobio

 サドルが高かったので10mm下げた方が良いとアドバイス

疑問のハンドル位置は、ステム10mm長いものに変えた方が良く、懐が縮こまったフォームが少し自然になりました。

ペダリング的に見たところ、ステムを角度下げてサドルとの高低差をもっとつけても良いと提案させて頂きました。

 

 

 

奥様は、以前のロングライドで痛めた左ひざがまだ痛むときがあるようでした。

旦那様が見守る中でフィッティングをスタート!

0228nagbio

 膝の位置が少し前に来ていたので、サドルを15mm後退させました。

最初から付いていたステムが60mmだったのですが、かなり走れるようになってきたということで

バイオでは120mmと出ましたが、さすがに手が伸びきってきつそうだったので間の90mmステムをオススメしました。

 電動シミュレータのお陰でステム長を変えた時を体感して頂けるのでお客様にとってもご案内しやすいです。

 

 

 

 

 

 

最後は本日実施のお客様

ロードバイクでトライアスロンをやっているのでどのポジションが良いのか

DHポジションも良く分からない

鵞足を痛めてる 

というお客様。

 0229bio

 ロードのスポーツTTのスポーツコースシミュレータ体験して頂きました。

やはりTTバイクではないのでポジションの再現性がないので「ロードのスポーツ」コースでのご案内となりました。

どちらもシミュレータでお試し頂いてから、説明させて頂いたので違いも分かって頂けました。

実車で比べるとサドルがかなり低かったので16mm上げる結果になりました。

あとはDHバーのパット位置ブラケット位置についてご質問頂いたのでアドバイスさせて頂きました。

 

 

 

十人十色のフィッティングが出来るのはバイオレーサー「5000」コースと「プレミアム」コースだけ!!

 

3月の予定表です

bio3月予定表

 ご予約は 新宿本館 03-3350-1288  高橋までお問い合わせ下さい。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる

「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】今週は岩手の方~宮古島の方まで「5000」コースを実施!!

今週は遠方の方が2名いらっしゃいました。

 

 

岩手からのお客様

 

:ロングで肩が張る

 

:左足の親指にしびれが出る

 

月800km前後走るお客様。ロングライドしているが、トライアスロンやTTをやっていきたいというご要望でした。

 

 

バイオ5000の後

 

:実車がないので合わせ方をお伝えしました。

 

:ロードバイクをお持ちだったので2コース「スポーツ」と「コンペティション」でデータを2つ出してシミュレータで体験+アドバイス!

0208ku

 

 オリンピックディスタンスならコンペのポジションが良いとなりました。

 

ご自身もフィーリング良く感じていましたが、自転車がエンデュランスロ

ードだったのでポジションが出ませんでした

 

写真は「スポーツ」コースのポジションです。

 

足の痺れはサドルかシューズに問題あるかもしれませんが、ポジションで改

善されることもあるので、様子を見て頂くことにしました。

 

 

 

 

 

 

次のお客様はプレミアム」コースを希望されていましたが、今月は実施できないので「5000」コースをご案内しました。

 

「5000」コースを実施のお客様「プレミアム」コース¥20000¥15000になります!

 

お客様

 

:サドル高など変えていくうちにわからくなくなってきた。

 

:ヒルクライムレースにも出ている

 

 

バイオ5000の後

 

:レースに出ていて、上を目指しているお客様ですのでコンペティションでポジション出し!

 

:バイオデータ的にもフィッティング的に見てもサドルが低いので16mm上げ!

 

:クラウチングで足が回らないので、現状のハンドル落差からデータシートの数値に合わせていくことに。

0207ka

 

 画像はコンペティションのポジションを体験中。

 

足が回らない程の前傾のデメリットを理解頂くことは大切だと思います。

 

フィッティングを行なっていると、無理な前傾の方が多くいらっしゃいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロード初めて1年半くらいの

 

お客様

 

:ポジションを変えていくうちにわからくなくなってきた。

 

:160km走った時に右ひざに違和感が出た

 

:ロングライドをよく行う

 

 

 

バイオ5000の後

 

:バイオシートでも実測してもサドル高が高いがフレーム形状により下げ

れず(許容範囲内ではある)。

 

:ステム長はいきなり長くせず80→100mmへ交換し、懐に余裕を持たせました。(バイオ推奨より)

0209ume

 

 ぺダリング自体に課題があり、普段ケイデンス60回転くらいだったので

 

90-100回転で走れるように頑張ってもらいます。

 

片足ぺダリングなどで、ペダルが回せるように意識してもらいます。

 

ピストン運動になっているので改善の余地があります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は 宮古島 からお越しのお客様!

 

事前にご予約頂いたので都合を合わせることが出来ました。

 

お客様

 

トライアスロンのロングをやっている(ロードバイク)

 

:ロードでのポジションと、トライアスロンでのポジションを知りたい

 

 

バイオ5000の後

 

 :自転車はお持ちのもので、ロードコンペティションのポジションと

ポーツのポジションの違いを体験して頂きました。

 

:自転車はお持ちのもので、トライアスロンコンペティションのポジシ

ョンとスポーツのポジションの違いを体験して頂きました。

 

*おまけで欲しいトライアスロンバイクでもデータシートを出しましたが、そのモデルは体格とあまり合いませんでした。

0212ho

 

実車が無かったので、とにかく色んなポジションを体験してもらった上

で、良さそうなものをデータシートでお渡ししました。

 

折角、遠方からお越し頂いたので、いろいろなポジションに乗って頂きました。

 

色々なポジションを体験してもらったので、分かりにくくならないように気を付けました。

 

 

 

 

 

下の表は、あくまで月初の予定表で、すでに予約で埋まっていますので

 

ご希望の日時をいくつか用意してお電話頂きたいと思います。

 

今日現在では18/22/23/29日が時間によっては空いています

 

3月のシフトが決まるのが25日前後になりますので、その後3月の予約を承ります

 

 

 

2月は、プレミアムをお受け出来る日程がございません

 

御了承下さい。

2gatuyoyaku

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】1on1!プレミアムコース実施!!

先日のプレミアムコースの実施報告です!

 

ツールド沖縄に参加したお客様次回はもっと上位に!!ということでPLM(プレミアム)を実施。

 

お客様より

・強度を上げると内転筋が痛む

高強度でヒルクライムすると左の腰背部が痛む

・左足が弱い気がする。

 

 

 

身体的には、O脚が強いのとハムストリングスの柔軟性が若干低い。

ペダリング的には、メリハリがなく踏み遅れている波形と 

左足の方がパワーが出ている(左右差がある)

20160204_145140mae

 

 

バイオで出たポジション(レースのためコンペティションコースで算出)とお客様のポジションとの差は

ハンドルが推奨より40mmくらい高く、30mm以上近いのでポジション合わせをしながら詰めていきます。

 

 

 

下の写真はまだポジションを出しただけで上半身の使い方やペダリングのやり方などをお伝えする前です。

yokogazou

 

 

ここから実車で合わせていきます!!

・クリート=つま先より過ぎたので左右6mmクリート位置をかかと寄りに

・サドル位置=膝の角度を図り、5mm下げることに

・ハンドル位置=上半身の使い方などを伝え、13mm下げてステム30mm長いモノにチェンジ

・膝の軌道=シムを入れても変化なく、踏み込みで内に膝が入る。

O脚もあり、腸脛靭帯が伸び・内転筋が短縮しがちなのもあるかと思い、股関節外転運動をしてもらうことにしました。内転筋の柔軟性アップと外転筋が強くなれば、膝の安定性が増すので膝の軌道が良くなることがあります。

・フォーム=ペダリングを見て、上半身をこれ以上下げてもペダリングに支障が出るので自身の限界のフォームをお伝えしました。

・ペダリング=円運動を行うためのアドバイスをいくつかさせて頂きました。

 

 

 

そして最後の計測がこれ!!

20160204_162158ato

キレイなM字型の波形!!

上死点からピークトルクまで抜けることなくペダリングできています!!

だんだんとペダリングが身に着けばもっと数値も上がってくると思います!

 

 

こんな感じでフィッティングを行なっています。

下の表は、あくまで月初の予定表で、すでに予約で埋まっていますので

ご希望の日時をいくつか用意してお電話頂きたいと思います。

 

 

2月は、プレミアムをお受け出来る日程がございません

御了承下さい。

2gatuyoyaku

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】1時間フィッティングで悩み解決!「5000」実施の5名を紹介

連日のように予約が入っています!

今回も最近、実施したお客様をご紹介します。

自分もやってみよう!」とか「疑問がある!」という方はご予約下さい!

 baioWEBトップ

 

 お客様

:バイクを変えてから膝が痛む’

:ポジションが合っているか疑問

:今年からロングのトライアスロンに挑戦したい!

バイオ5000の後

・サドル位置は、TT用の特殊なサドルのため数値とはかけ離れているが、膝角度などにより現在のポジションは許容範囲内とわかりました。

理想に近づけるならサドル2-5mm上げて、サドル10mm程度後ろに引いても良い)

・ハンドルを16mm下げればバイオと同じポジションになります。

0119

そんなに大きくポジションが違っていなかったお客様でした。

膝の痛みは走り方など別の問題があるかもしれません。(←そこはプレミアムコースになります)

ハンドル位置は楽なポジション(冬ですし)から、身体を作っていきながら下げても良いと思います。

 

 

 

 

 

お客様

新車を購入!今までのロードからTTバイクに変えてトライアスロンのミドルに挑戦したい!

バイオ5000の後

 ・新車をこのポジションに合わせて組み上げていく

0120

これから自転車に乗ってポジションをつめていくようになります。

新車購入時に5000を行うのもおススメです!

とくにバラ完の場合はやったほうが良いですよ!!

 

 

 

 

 

 

 

お客様

:ポジションの確認がしたい(ステムが長い?)

:長い距離で肩が痛む

バイオ5000の後

・膝の角度により、サドルを下げました。

・ハンドル位置は出来るだけ下げて推奨に近づけました。

・上半身(肩甲骨)がフォーム良くなかったので肩に負担が来たと思います。

0131

上半身、肩甲骨の使い方を知らない方がいらっしゃいます。それだけで、肩・首の負担が減らせることがあります。

見て気になる場合は、フォームのこともアドバイスさせて頂きます。

 

 

 

 

 

お客様

:ポジションの確認がしたい

バイオ5000の後

・サドル位置は、膝の角度などにより算出。12mm高くしました。

・相対的にハンドルが下がったことになり理想値に近づきました。

0201-1

 走行状況によってはあと5mm程度ハンドルを下げてバイオの理想値にしても問題なさそう*でした。

ハンドルサドルの落差が大きいことの問題点

・上死点で腿が身体に近づくので上死点付近でのペダリングが難しくなる(回らない)

・ハンドルが低い為、前が見難く、首や肩に負担がかかる。

等です。

物理的に、ポッコリお腹に足が当たることで上死点で膝が開く方もいます。

 

 

 

 

 

 

お客様

:ステムを含めたハンドル位置が疑問

:クランクを172.5→175mmにしたい!

バイオ5000の後

・クランク水平時の膝位置より、サドルを11mm後退

・ステムは110から120mmに変更しても良い(この時は交換作業せず)

・クランク長はそのまま

0201-2

 フィッティング時にローラー台で回してもらっても左右とも上死点でうまく回らず。

柔軟性に問題なかったので、ペダリングの問題ということで、クランク長は変えない方が良いとなりました。

現状では短くしてきちんと回せるほうがメリットがあることも伝えました。

 

 

こんな感じで約1時間!

どこまでお客様の要望に応えるかを考えて実施しています。

バイオレーサーの5000プレミアム パーソナルフィッティングですから!!!

 

 

2月は、プレミアムをお受け出来る日程がございません

御了承下さい。

2gatuyoyaku

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋の部屋】「プレミアムコース」レースに向けて実施!!

先日バイオレーサーの プレミアムコース実施のお客様は、今年本格レースに挑戦したい!とのご要望。

ポジションもフォームも見直して、ペダリングもチェックしたいということでした。

ペダリングについてはパイオニアを付けているのでモニタリングは出来てるけどそれをどう改善するのかわからないということでした。

(確かに「解る」とこも大切ですが「どうすれば良くなるか」が大切ですよね)

20160128_165259

 

 

 

まずはバイオ5000のコースと同じポジション算出です。

出た数値に合わせたシミュレータで体験して頂きます。

40分59秒_223

 

 

 

 

 

これをもとに、

クリートの位置

サドルの位置

膝の軌道

上半身のフォーム

身体の使い方 

ペダリングについて  などなど 1つづつ見直して行きます。

前からも後ろから横からもフィッターがチェックします。

立っている時の姿勢から乗車時の姿勢や体の動きをチェックします。

ちなみにお客様はO脚ですが、自転車に乗ると膝の軌道は内に入っていました。

00分01秒_786

レーザーを当てるのでご自身でもチェックできます。(画像では見えません)

 

 

 

 

ポジションの問題は少なかったのですが、ペダリングが課題です!

俗に言う W型 の波形に少しなっています。

上死点からの動きがスムーズで無いようです

20160128_161512

 

 

 

 

ポジションによる変化が少なかったので、ペダリングをレクチャー

すると何回かは、良い M字 の波形が!!!

20160128_163658

再現性が少なかったのは、まだペダリングが身についてない証拠

練習すれば自在に使いこなせるでしょう!!

 

 

 

もっと色々やっていますが、それは受けた人だけということで!!

 

 

 

2月は、プレミアムをお受け出来る日程がございません。

御了承下さい。

2gatuyoyaku

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【フィッター高橋】2月の予定表と最近実施のお客様

最近やったお客様を簡単にご紹介しつつ、来月の予約表も作りました。

 

 

左ひざの内側が痛くなる(ガ足炎?)

ロングで首が痛くなるというお客様。

実車が無かったのでシミュレータでのフィッティングと、実車でのポジションの合わせ方をお伝えしました。

実車が無いので痛みの原因と改善が見えないので、これで良くなればよいのですが・・・

32分16秒_636

 

 

 

トライアスロンもやるお客様!

実車よりも28mmハンドルを下げたポジションになりました!

ステムも交換し、長くしました。

今までの 窮屈な状態が当たり前からの脱却 ができたようです。

下の画像はシミュレータですが、ハンドルが低すぎて遠すぎてないことがわかると思います。

51分51秒_021

 

 

 

 

今年からトライアスロンのロングにチャレンジしたいということでバイオ5000のトライアスロンコースを実施!

トライアスロンバイクは、サドルが特殊だったりするので

実車があると精度が上げられます!!

コンペティションコースで出しましたが、良いフォームになっていると思います。

41分29秒_150

 

 

 

こんな感じで1時間程度の作業時間で行っています。

2月は、プレミアムをお受け出来る日程がございません。

御了承下さい。

2gatuyoyaku

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y

 



【バイオ5000】サクッと悩みにこたえる1時間!

鍼灸師・フィッターの「高橋」です。

レースシーズンも終わり、今年もあと少し!

今年のバイオレーサー「5000コース」は実施終了!

来年1月の予約受付中です。

 

予約最後の日の実施2件を簡単にご紹介します。

みなさんにどんな感じか知って頂けたらと思います。

 

 

こちらのお客様は実車を持ち込み頂いたので、シミュレータでの説明やポジション体験は サクッと終わらせて

実車によるポジション合わせを行いました。

12月後半1

バイオレーサー 5000 のデータシートの一部です↓

サドルの出しろやスペーサーの数も算出されますので、自転車が無くても大丈夫!

12月後半1のデータ

ですが、実際に合わせなければいけない重要ポイントは サドル位置 !!

実際にレーザーを使ったり、漕いでもらったり、膝の角度を測ったりしながら、データシートに補正をかけます。

 

 

お尻が痛いという悩みもお抱えのお客様でしたのでそのあたりもアドバイスしています。

12月後半1のコメント

 

 

 

 

 

お次のお客様も自転車を持ち込み頂きました。

シマノシューズをお隣のウェア館にて カスタムフィットしてからの5000コース実施です!!

12月後半2

 

 

下記の所見・備考にあるように 5000 のデータシートより実際のお客様のポジションの方が良い場合もあります。

それも サドル の影響が大きくかかわります。

ということで実車の持ち込みを推奨します。

 

フォーミングやペダリングの話もさせて頂きました。

このお客様はポジションの問題より、ペダリングに重点おいてアドバイスさせて頂きました!

そんなことが下記に書いてあります。当日のアドバイスで忘れてしまわないように文書化しています。

12月後半2のコメント

 

 

こんな感じで行っています。

1月は実施可能日が少ないので、希望日をいくつか用意してお電話頂ければと思います。

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y



【からだケア】身体にロードを合わせる!!本日も「バイオレーサー5000」実施!!

鍼灸師・フィッターの「高橋」です。

レースシーズンも終わり、今年もあと少し!

本日もバイオレーサー5000コースは実施中です。

 

ロードバイクを買って

「なんか乗りにくいし、身体痛いけど、慣れるまで我慢」と思っていませんか?!

もちろん慣れは重要ですが、異常事態にも慣れてしまっては大変です!!

 

 

そのために、フィッターへの相談は必要不可欠!!

 

 

 

原則として、シューズとペダルがはまる「ビンディングペダル&シューズ」のお客様が対象ですが、(新宿本館では)フラットペダルでも出来る限りの提案はさせて頂いています。

遠くにお住まいで自転車を持ち込めないお客様にはシミュレータのみでご案内しています。

RNC3自転車なし

 

 

 

こちらのお客様は、車体持ち込み出来ませんでしたがペダルとシューズを持ち込み頂いたので、より精度の高いご案内ができました。

チェントウノ自転車なし

 

 

 

それでもやっぱり車体があった方がやりやすいです。

実車のポジション ⇔ バイオポジション  の比較が出来るので提案がしやすいです。

F75持ち込み

 

 

 

実車でのポジション変更も相談の上、アドバイスと共に実施できるのもメリットです。

こちらとしても意図が伝わりやすいので実車の持ち込みは、大歓迎です!

CAAD9持ち込み

 

 もちろん新車購入のための バイオ5000コースの実施 も受け付けています。

 とくにバラ完などフレームからの組み立てを希望される方はやったほうが良いです!

 

 

年内は、ご予約でうまっていますので、1月の予約受付中です。

ご予約は 03-3350-1288 高橋までお電話ください。

 

 

「身体ケア」フィッター高橋の部屋

他のフィッターもいる「プレミアム特設HP」はこちら



【フィッター高橋の部屋】問「首肩腰が痛い」「前傾をとりたい」にお答えします!

実は上野本館はポジションとフィッティングに以上に強い店なのです!!

当店にはプレミアムフィッターが「金澤」と「自分」の2名います!

 

ロードをメインにトライアスロンにも対応致します。

 

一昨日は「首や肩や腰が痛くなる」というお客様にバイオレーサー5000のコースを実施しました。

20150110-5000.jpg

このお客様は当社購入で事前にバイオ1000を実施し、それに合わせてセッティングしてありました。

なのでセッティングの問題以外から考えました

実際にロードに乗っていただき見ていくと

・臀筋とハムストリングスの柔軟性が低い

ペダリングが円運動でなくピストン運動のようになっている

対策!

★柔軟性の低さから、腰背部の痛みにつながっているようなのでステムを逆さにし前傾を緩和

★ペダリングは片足ペダリングで指導しました

 

ポジションの問題ではなく、フォームや柔軟性の問題の方が大きかったという結果でした。

改善には時間がかかります。

 

 

 

 

本日のお客様は「前傾をとりたい」という要望で、バイオ5000を実施。

20150112-5000.jpg

購入時に股下計測のみ行ったようです(他店購入)

バイオのポジションに合わせたシミュレータ上でも、問題なくポジションが出せました!

・サドルよりハンドルの方が高い状態で来店。

まったくの初めてでゆったりロングライドならいいでしょうが、お客様はレースに参加したいという方、もっとレーシングポジションが出せるフレームが好ましかったです。

 

対策!

★ステムスペーサーが2cmしか入ってなかったので2cmだけ下げました。

★その後のフィッティングであと3cmは下げ、2cmは遠くしても、現在のお客様には問題ないだろうとアドバイスさせて頂きました。

もちろんハンドルを低く遠くした時の注意点もお伝えしました。

*ステムをもっと角度がついたものに変えなくてはいけないのですが、当店には在庫が無いので出来る対応をさせて頂きました。

 

こちらのお客様は フレームが大きかった という結果です。

 

 

 

自分は「プロが当たり前の事を皆さまへ提供したい」と考えています。

身体のサポート・リハビリなどプロが当たり前の事

鍼灸師の資格を取得しスポーツマッサージを勉強してきました。

シューズサポートやフィッティング

スポーツシューフィッターの資格取得。シダスインソールによる足部へのフォローを行います。

ほかにもサンデーライドなどの走行会や店内での講習会で伝え広めていきます。

 

 

 

ポジションとフォームは

用途

個人

自転車

によって変わる!

出来るだけフィットして違和感なくストレスなく走って頂きたいと思います。

 

バイオ5000 は 予約制 です。

1時間程度の時間がかかりますので、ご予約お願い致します。

TEL03-3836-6168 担当高橋or金澤

 

★プレミアムコースは機材不良のため現在復旧中です。ご予約承っておりません★

 

 

フィッター高橋の部屋へは下記↓

http://ysroad-ueno.com/staffblog/cat4/



【バイクデモ】バイオ5000実施してきました!その2「ヒルクラとロングメイン」のお客様

12月6日のバイクデモで事前に申し込み頂き、抽選を通ったお客様の二人目です。

前回のその1の流れで実施http://ysroad-ueno.com/event/2014/12/post-549.html

 

ロード歴1年くらい

ヒルクライムやロングライドを行っているお客様です。

ロード歴1年くらいなので変な癖もついてないようでした。

DSC_0175.JPG

バイオのデータと膝の角度より サドルは5mm下げ

クランク水平時のシャフトと膝の皿の位置関係より、サドルを10mm後ろに★ピラーのオフセットがもっとあればさらに後ろにしたかったです

 

 

 

DSC_0177.JPG

ハンドルの位置は上半身の柔軟性股関節の柔軟性も関与しています。

写真上↑は拝んでいるワケではなく、肩関節の柔軟性の説明をしている所です。

 

DSC_0176.JPG

上半身の使い方はあまり重要視していない方が多いので、丁寧に説明させて頂きました。

結果的にはハンドルは下げず(股関節の柔軟性、特にハムストリングスが固い)、ハンドルは2cm遠くすることをオススメしました。

バイオレーサーの数値のままでは40mm遠くしないといけないのですが、現状のお客様にはそれはやりすぎと思い、2cmくらいなら柔軟性的にも無理が少ないと判断しました。

 

 

身体的には胴と腕が長いので、ハンドルまでの距離が遠く低く出るポジションが数値上でました。

お客様の現状に合わせて、フィッティングを行っています。

お客様の要望やフィーリングを十分に聞き、相互理解の上でフィッティングを進めるのがベストです。

フィッティングの際は細かいことでもなんでもおっしゃって下さい。

 

現在

上野本館ではプレミアムフィッターが2名在籍しています。

機材不調により、現在プレミアムは実施していませんが、近日中に可動できる予定です。

バイオ5000については実施できるようになりました!

随時予約受付ますので   担当高橋または金澤までお問い合わせ下さい(03-3836-6168)



【バイクデモ】バイオ5000実施してきました!その1「トライアスロンに出ているお客様」

先日のスポーツバイクでもに、バイオレーサーのフィッターとして参加しました。

事前に申し込み頂き、抽選で4名の方を バイオレーサー5000 無料実施しました。

DSC_0160.JPG

一人目はトライアスロンを行うお客様

トライアスロンでもショートやミドルではロードバイクで出る方も多いです。

まずは内容説明と問診です。

100km以上で腰が痛くなる」ということでそこも重点的に見ていきます。

 

DSC_0164.JPG

そして身体計測

足の大きさ

身長

股下

胴長

腕の長さ

肩幅を計測。

 

目的自転車のデータを入れます!

目的はジャンルごとにわかれ(ロード・クロス・トライアスロン・MTBなど)

その中からさらにコースが分かれます

コンペティション:レースでガンガン走る人達(プロも含み)

スポーツ:スポーツサイクルを楽しむ人全般。ホビーレース(エンデューロやヒルクライムレースなど)を楽しむ人

コンフォート:ゆっくりポタリング(サイクリング)。

 

そしてポジションの詳細が出ます。

baioサンプル.jpg

↑サンプルです

 

その後、電動シミュレータに乗ってもらいますが、そこは写真が無かったので割愛です。

シミュレータでデータシートのポジションを体感してもらい、実車へ落とし込みます。

DSC_0168.JPG

出たデータシートを元に、実車との差異を確認。

実際にペダリング時の下死点での膝の曲がり角度を図ります。

データシートのサドル高は、大腿長と下腿長の比率や足の大きさ(アンクリング角度)などによって変わるので

膝の曲がり角度をもってサドル高を見ていいきます。

左右の膝の角度を測ることで「脚長差」「アンクリング」など。分かることもあります。

サドルの高さによっても走り方が変わるので、そこも説明します。

 

 

 

 

DSC_0174.JPG

クランク水平時のペダルシャフトと膝の位置もチェック

サドルの前後位置を見ています。

今回は ロードバイクで トライアスロンポジション というロードバイクの設計にないポジションですのでその辺も折り合いをつけてフィッティングをすすめます。

 

 

DSC_0173.JPG

ブラケット・ドロップポジションをチェック後、トライアスロンポジションを入念にチェック。

膝の動きや足が回るかをチェックです。

上半身の柔軟性も加味してポジションの出していきます。

 

 

当初の状態が膝角浅めの23度前後だったため5mmサドル下げて大丈夫

ハンドル位置はそのままでもドロップ部(下ハン)とブラケットは大丈夫

★アームレストが低く、股関節や背部の筋力や柔軟性では無理があったので「アームレストを10~15mm上げる方が良い」とアドバイスさせて頂きました。

(スペーサーがないので、作業は行えず)

 

その後、いかかでしょうか?

後日レポートを送って頂く予定ですので、素直な感想を頂ければと思います。



【からだケア】日常生活でも身体の使い方をスポーツサイクル用に!その2

前回に引き続きです。http://ysroad-ueno.com/staffblog/2014/10/post-644.html

歩く・走る =人の基本動作ですね。

 

自転車でも基本は同じ運動だということを紹介します。

今回は俗に言う「引き足」についてです。

クランク一周を時計とした時の、5時~11時までの話をします。

走り方.JPG

腿の動かし方(腿を上げる動作)は、ほぼ一緒です。

違いは、股関節の角度が深い(曲がっている)状態で運動しているということです!

 

難しくないですね!

あとポイントは写真下に書いて有りますが、「必要以上に下死点で引かない」という事です。

5時~7時で後ろに引くようにすると膝裏の筋肉を傷めやすいです。

もちろん競技レベルが上がれば全ての力を動員しますので、あくまでも一般や基本の話です!

 

次回は時計で表すと11時~5時までの話をします★

 

 

 

下記はオマケ

ハンドルってどうやって握ってますか!?

握り方.JPG

ロング巡航に有効な握り方 ↑

握り方も状況に合わせて色々あるんです。

細かい解説は置いといて、自分の身体の声を聞いて色々試してみて下さい。



【からだケア】日常生活でも身体の使い方をスポーツサイクル用に!

鍼灸師の資格取りスポーツマッサージを学び、復職しバイオプレミアムフィッターをとりました【上野本館 高橋】です。

 

今回は日常でも身体の使い方を「スポーツサイクル用に使う」ことを紹介します。

普段の何気ない行動もただ行うのでなく、考えて行うことで自転車に活かせます!

 

電車に乗りますよね。

●座ったら足を組むのは止めましょう or 組むなら時間を見て組替えましょう!=骨盤のゆがみの助長を防ぎましょう!

●立っていたら手荷物は持ち替えましょう。

★そしてつり革を掴む時、ロード乗りは、、、、

つり革.JPG

上腕三頭筋で身体を支える!!

ロードの基本乗車姿勢を支える重要な筋肉です!

しかも女性注目!!ロードに乗れば(正しいポジションとフォームなら)、二の腕のプルプルが無くなります!!!

持久的な筋を多く使いますので、筋肉がでかくなるというより、身体が締まっていきます!

 

★初心者にありがちな事★

腕を突っ張ってハンドルに乗っている=体重移動でマシンコントロールが出来ず、ステアリング操舵は不安定!!

                          上半身や腕を使えないので効率が悪い首もこりやすい

ハンドルにしがみつくようにして乗る=持久力の低い上腕二頭筋(パワーは出ます)ですので長時間走行に向きません

 

 

次は

★階段の上り下りする時、サイクリストは、、、、

階段2.JPG

臀筋とハムストリングスで登る!!

ペダリング動作に重要な筋肉の使い方です!

コツは

①(脚の長さと階段の高さによりますが)1段飛ばしで行う

   →股関節が90度くらいになり自転車乗車時のペダルが上に来たときの腿の高さに近くなります

②骨盤を立て、体幹をしっかり安定させて行う

   →骨盤を安定させ、腿を上げることで臀筋が伸ばされ張力が働きます。ペダリングは上下と前後動なので左右のブレを無くすように注意します。

③登る勢いを使わない(足首の蹴りなど)

   →勢いで行うと正しく筋肉を使えないので、1つ1つ丁寧に行う

 

 

つり革は静的なので意識し易いですが、階段登りは動作ですので丁寧に「身体を意識」しないと難しいかもしれません。

歩く動作は左右差を知るチャンスです!左右対称の自転車に乗る為には左右差が少ない方が良いです。

 

こんな感じで日常にもスポーツサイクルを入れて日々楽しんで下さい!!

以前の記事

以前の 

「膝の痛み」シリーズ

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=80575

http://ysroad-shiki.com/column/2013/04/post-1212.html

 

「腰の痛み」シリーズ

http://ysroad-ueno.com/staffblog/2014/01/post-617.html

http://ysroad-shiki.com/column/2013/07/post-1227.html

http://ysroad-ueno.com/staffblog/2013/09/2.html



【フィッター高橋の部屋】ご迷惑をかけながら「5000」コース実施中!

バイオレーサーコーナーを2階に設置!

シミュレータやプレミアム機器をセット中ですが。。。

シミュレータが原因不明の故障に!!orz.....

 

そこでお客様にはご迷惑をお掛けしますので特別な提案を!

①身体計測

②データ算出

③実車とのデータ比較

ここまでは一緒です。

④シミュレータ体験が出来ないので

④実車(お客様持込に限り)でコンピュトレーナによるペダリングスキルチェック

⑤ポジション調整(部品交換が必要なものは即対応できない場合もあります)

⑥最終のデータシートをお渡し。

 

そんな条件でOK頂いたお客様!O様

友人から譲り受けた自転車でハンドルが遠いのではと疑問のため「5000」コースを実施

140621 001.jpg

フレームジオメトリを調べて

バイオレーサー社にデータを送り

自社の集積データから 日本人向けに修正!!

実車に跨り、自身のペダリングを知る

140621 002.jpg

ペダリングの練習はできません!

自身のペダリングを知り、改善へのアドバイスのみになります

(そこから先はプレミアムコースを!)

 

結果

「5000」のデータは、ハンドルまでの距離はそのまま! ハンドルを更に7cm下げる!

お客様驚きの結果に!

遠く感じる理由の1つは

前傾をとっても骨盤ごと倒せないためハンドルが遠く感じてしまう状態でした。

それはサドルが原因(今回は)!

早速交換

SMPEXTRA.JPG

前傾で尿道付近が痛くないと、お客様のフィーリングに合いました!

これで骨盤ごと倒せるのでハンドルまでの距離が近く感じるはずです。

 

こんな感じで「5000」のコースを1時間程度で実施しています。

 

当分はご迷惑をお掛けしますが、上記でOKのお客様はご予約承ります。

宜しくお願いします。

 

「からだケア」フィッター高橋の部屋 もチェックして下さい。

http://ysroad-ueno.com/staffblog/cat4/



【講習会】体験型ペダルスキル講習会緊急実施!体験者求む!!上野本館

上野本館にポジションサービス 「バイオレーサー」コーナーが出来ました!!

といっても現在もコーナー作成中&本格稼動に向けて、日々修繕中ですが。。。

140609 001.jpg

狭いお店なので一画に異空間

 

 

140609 002.jpg

いまだ修繕中の電動シミュレータ君 ↑  今週中になんとかしたいのですが間に合うか!?

本サービスhttp://www.ysroad.net/support/bio/

はまだ実施/予約受付は行いませんが、準備が整い次第告知します!

 

まずは現状できること!

そこで!!

急遽ですが、15日の14時~

体験型ペダルスキル講習会を緊急実施!!!

コンピュトレーナを使って自分のペダリングを見てみよう!!

140609 003.jpg

ペダリング

・力のかかるポイントが正しいか

・左右差はないか

・ムラの多いペダリングか

などが分かってしまいます!

当日は試乗車(165cm-180cm位までの身長なら体験可)+フラットペダルでの実施になります。

ペダリングスキルアップのコツもお伝えしますよ!

1人10-15分くらいでしょうか、遊び感覚でやってみて下さい!

上の写真は自分のペダリングです(フラットペダル使用です)。

なかなかのきれいな「山2つ」が出来ています。これを M字型 といい効率の良いペダリングです。

 

みなさんのチャレンジお待ちしています!!

「高橋の部屋」チェックして下さい

http://ysroad-ueno.com/staffblog/cat4/



【フィッター高橋の部屋】フィッター研修行ってきた!その2

先日バイオレーサープレミアムフィッターの社内講習がありました。鍼灸師・スポーツシューフィッター・バイオプレミアムフィッター(某社フィッターも持っています)としてアドバイザーとして参加です。

前回のその1 利田編 http://ysroad-ueno.com/staffblog/2014/01/plm.html

続いては 真造編です。

真造前屈矢状面.JPG

トライアスリートらしい(!?)水泳で鍛えた(!?)上半身の柔軟性は素晴らしい!!

 

真造前ペダリング.JPG

非常にパワフルでワットもすごく出ていました!上では稼動域ギリギリと書きましたが、下ハンではアウト域でしょう。

上の写真を分解していくと。。。。

真造ペダリング踏み込み.JPG

上記のような考えで大きな踏力を得るのもありだと思いますが、使い方次第です。

真造ペダリング引き上げ.JPG

向こう側(奥)でわかりにくいですが。。。

ランの蹴り足といったらよいのでしょうか、そういった使い方をしているようです。

トライアスリートらしいランの筋肉や動きの応用です。

運動強度でみると、ラン>バイクなので、ランの使い方でバイクも走れば強力なパワーだと思いますが、、、

自転車の円運動のペダリングを身に付ければ、スタミナも残せるし勝負どころに使える余力が生まれるでしょう。

その後のランへの余力にもなるでしょう。

 

とにかく非効率な部分を削ぎ落とします。

真造フィッティング後.JPG

 

特筆すべきことは ポジションをほとんど変えていない という事!!

上死点付近でのかかとが高すぎたので、低く(通常のシューズソールの反りと同じくらい)する。

→ランの蹴り足のような使い方のため、かかとがお尻に向かうイメージで引き上げている。その結果、上死点で前に流す時に流しにくかったのが、改善

股関節の稼動域も狭かったのが、かかとが下がる分だけ稼動域の確保が出来た。

 

②サドル位置の変更に伴い臀筋とハムストリングスの使いやすいポジション+意識的に使う

→スムーズなペダリングに(12時付近から4時付近までの動きの改善)。

 

足首の角度を下死点でも下げてる(通常のシューズソールの反りと同じくらい)

膝の角度が平均の30度へ!30度付近は、高トルクにも高回転にも対応しやすい標準点となる。

 

④ランの蹴り足のような使い方でなく、腸腰筋を使って大腿部を上げるようにする

→より体幹のスタミナのある筋肉を使えるので、(集団内での巡航などで)省エネ走行が可能。

 

こんなところでしょうか。

ちなみに左右ともですが、特に右の股関節屈筋群の短縮が見られました。

フィッティング中に気になった(ペダリング中に右足が上死点付近の時に詰るような印象を受けた、等)のでテストしてみると、、、、

140208.jpg

写真を撮り忘れました!画像は ケンダル 「筋:機能とテスト -姿勢と痛みー」より

真造さんの場合は黄色い線のように足が上がりました

・股関節が通常の柔軟性なら、大腿部は台に付きます。

→筋肉が伸びず台から浮く=腸腰筋が短縮している可能性大!

・さらに膝関節も重力によって自然に曲がります

→膝が伸びている=大腿四頭筋などが短縮している可能性大!

これはストレッチをするようにアドバイスをしました。

 

*写真以外にも見ているところは多くあります。あくまで抜粋です。

*この例がすべての人に当てはまるなら簡単です。が、多くの方に参考になると思います。

やっぱりパーソナルフィッティングは大切ですね!有効ですね!

 

ただいま上野本館では、春に向けたコーナー拡大を計画中!

進化する上野本館!上野地区でスポーツサイクル文化をがっちり発信します!!

 

 

参考までに以前の 

「膝の痛み」シリーズを掲載です

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=80575

http://ysroad-shiki.com/column/2013/04/post-1212.html

 

前回の腰の痛みその1・2・3は

http://ysroad-shiki.com/column/2013/07/post-1227.html

http://ysroad-ueno.com/staffblog/2013/09/2.html

http://ysroad-ueno.com/staffblog/2014/01/post-617.html

 

★最後におまけ 「前傾のメリット」

一番は空気抵抗です!速度の二乗で増す空気抵抗は、走行への最大の抵抗源です。

前面の面積の大きさをいかに小さくするか→前傾やフォームやヘルメットやウェアなどで改善させます。

次に前傾のメリット

前傾メリット1.JPG

サドルを支点に上半身の重心位置が変化します。

支点から上半身の重心位置の距離と同じ距離を緑の矢印で表しています。

重心をペダルに乗せること・テコの原理が効果的な前傾のポジションのメリットです。

他にも腕が自由に使えるポジションなら、引き付けなどもし易く状況の変化に素早く対応出来る様になります。

 

ご質問など 高橋までお尋ね下さい。

皆さんのサイクルライフを充実したものへ! 



【フィッター高橋の部屋】フィッター研修行ってきた!その1

 

先日バイオレーサープレミアムフィッターの社内講習がありました。

新人フィッターの研修+認定試験に加え、既存フィッターの情報共有とスキルアップを兼ねて実施されました。

フィッターによって目線が違い、

トライアスロンに強いフィッターもいれば

ロードで実業団もガンガン走っているフィッターもいる

実施件数の多いフィッターもいる

ポジションやフォームを見るセンスの良いフィッターもいる

とっても勉強になると思い参加してきました!!

自分は鍼灸やシューフィッター資格保持者としても意見を発してきました。

(自分の近々の過去記事はこちらhttp://ysroad-ueno.com/staffblog/2014/01/post-617.html

研修の一部をご紹介!バイオレーサープレミアム(以下PLM)の実態を垣間見て下さい。

 

 

研修参加者のスタッフです

利田立位矢状面.JPG

姿勢からも多くの所見を見て取れます。

筋肉の使い方や身体の作り(クセ)を後のフィッティングに生かします。

利田前屈矢状面.JPG

前屈すると膝がうっすら曲がりました

ハムストリングスの固さ・短縮により膝を伸ばしてられないためです

ハムストリングスは2関節筋で股関節と膝関節に関与しています。

ハムストリングスは膝を曲げる働きもあるので、前屈して伸ばされた為膝を曲げる働きが出てしまいました。

通常の柔軟性では曲げる働きは出ません

 

猫背もあってか、肩甲骨付近からの曲がりが強いです。

利田前屈前額面.JPG

身体の使い方が見える一枚↑です。

手の高さもあまり変わらないので上半身のゆがみがあるようです。

 

立ち姿勢も前からも見ています。

前屈だけでなく姿勢や身体のゆがみや使い方などもチェックしておきます。

 

もちろん乗車中もチェックします。

利田フィッティング開始時.JPG

かなり背中が窮屈そうです。

コレを

①クリートの位置や角度を合わせる

②サドルの高さと後退量を合わせる

③走行中の膝の軌道(前から見た)のチェックとセッティング

④サドルの選び方、骨盤の使い方をレクチャー

⑤胴体・肩や腕など上半身の使い方をレクチャー

⑥フォーミング(フォームの使い方・使い分け)をレクチャー

⑦ハンドル幅や角度・ブラケット位置などを合わせる

ペダリングスキルを、モニターで見ながらレクチャー

⑨最終チェックとお客様の気になるところを詰める

など大体の流れはこんな感じで最終的には。。。

利田フィッティング後.JPG

自然でかっこいい!!

背中のストレスが無くなり、「最初のフォームをもう一回!」とリクエストしましたが本人ももうどうやっても出来なくなっていました

上体の重さもペダルに乗せられ、肘も自然に曲がっているので強度を上げたときの引き付けなどもしっかり出来ます!

股関節の稼動域も確保しているのでペダリングもスムーズでした。

 

みなさんもこんな感じでかっこよく乗りませんか!!

もちろんカッコだけでない物がフィッティングサービス中にお客様に注入されます!

 

 

PLMをフィードバックして、5000や1000を構築していますし、

店頭でのご相談もPLMフィッターならではの意見をお伝えできることもありますので気軽に各フィッターにご相談下さい。



【フィッター高橋の部屋】腰の痛みその3

以前の 

「膝の痛み」シリーズを掲載です

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=80575

http://ysroad-shiki.com/column/2013/04/post-1212.html

 

前回の腰の痛みその1・2は

http://ysroad-shiki.com/column/2013/07/post-1227.html

http://ysroad-ueno.com/staffblog/2013/09/2.html

 

今回で一段落です(前回から大分たってしまいましたが)

よくあるフォームやポジションを再現してもらいました。

対策も書いてますが「ケースバイケース」ですので、フィッティングを受けることが前提です。

背中痛.JPG

骨盤を立てすぎてたり腰の柔軟性が低い方が

ハンドルを遠くしすぎたりすると起こりやすいですね。

尿道の圧迫痛から骨盤を立ててしまい、こういったフォームになる人もいます(サドル変えましょう!)

 

★対策★

過度に骨盤を立てない

腕を突っ張らない

体幹の筋肉で身体を支える

など

 

 

腰痛1.JPG

上とは逆に骨盤を倒しすぎているorハンドルが高かったり近かったりして前傾とのバランスが取れてないポジションです。

写真横にも書いてますが、筋肉の使い方にも問題があるかもしれません。

 

★対策★

体幹で身体を支える

ハンドルステムの高さや距離を変え、リラックスしたポジションに変える

など

 

 

腰痛2.JPG

骨盤を立ててハンドルが低く遠いと起こりやすいフォームです。

こちらも尿道の圧迫痛から起こる場合もあります。

背中の柔軟性が高い方にも起こりやすいです。

 

★対策★

ハンドル位置を変える

サドルを見直し、尿道の圧迫痛を減らす

股関節の柔軟性を上げ、骨盤を倒してもペダリングに影響が出ないようにする

など

 

様々な要因が考えられ、その対処もお客様によって様々です。

なのでパーソナルフィッティングの「バイオレーサー プレミアム」が必要になるのです!!

 

少しでも改善され、皆様の悩みが減り、楽しさが倍増するために役立ちたいと考えています。

 

フィッティングに躊躇されている方は、店頭でも気軽に相談下さい。

実際には店頭より、サンデーライドなどで走行しながらのアドバイスの方がしやすいです。 



【からだケア高橋の部屋】プレミアム報告N様

by: 高橋 賀也【からだケア高橋の部屋】

今、上野本館はシミュレータが故障・修理中のため実施できません。

ですので以前実施したがまだ紹介してないお客様をご紹介!

みなさまの参考になればと思います。

N2253.JPG

N様 ロード歴4-5年 月800-1000kmの本格派

ヒルクライムやロングライドメイン

 

「太ももの後ろがあまり使えてないのでは、、、」とPLMコースを実施

・採寸

・静的アライメントチェック

・動的アライメントチェック

・柔軟性チェック

・実車採寸/フォームチェック

この時の↑最初の ペダリングスキルをチェック

DSCN2257前.JPG

左右のパワーバランスの差は無し

ペダリングのムラは、標準より上

左右共に30度~45度で切り替え(通常は上死点0度)、135度付近で最大トルク=踏み遅れ!!

 

ポジションの問題はほぼなし。

フォームと身体の柔軟性に重点

股関節周りの柔軟性が低いのと、肩/肩甲骨周りの柔軟性が低いのでストレッチなどで柔軟性の確保と左右のバランスを改善した方が良い。

立っている時に重心バランスも良くないので日頃のストレッチによるケアがまずは一番大切!

ペダリングはケイデンスを落として臀筋を意識して行う。

殿筋を締めてからハムストリングスに力を入れるイメージ。

終了前のスピンスキャン

DSCN2260後.JPG

↑2kmのTTによるペダリングスキルのチェック中

開始直後より左右とも15度早まり(オレンジ)向上!(赤が一番低いのが理想)

最大トルクは左右とも30度早くなり、105付近向上!!(90度/3時の位置が理想)

ペダリングスキル自体はかなりの効率化がみられました。

身体の柔軟性も改善されれば、パフォーマンスはさらに上がるでしょう!

 

さあ!

皆さんも今の自分を知って、それが改善されれば嬉しいじゃないですか!

自分も嬉しいです!

寄り道 / 回り道せずに、怪我もせずに 「速く走れる=楽に走れる」 そうなればフィッターとして本望です! 

 

 

上野本館では修理の見込みが立っていないので予約は受け付けられませんが、店頭にてご相談は受けます。

事前にお電話頂ければ時間を作れますので、ゆっくりお話できると思います。

一人当たり15-30分程度の時間でもかなりの情報量を提供できると思います。

詳しくはフィッター高橋までお問い合わせ下さい

03-3836-6168



「フィッター高橋の部屋」からだケア 腰の痛みその2

以前の 

「膝の痛み」シリーズを掲載です

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=80575

http://ysroad-shiki.com/column/2013/04/post-1212.html

 

前回のその1は

http://ysroad-shiki.com/column/2013/07/post-1227.html

 

今回は痛みの種類による、対応を紹介します。

腰痛痛み分類.JPG

 ↑赤字のもの以外は基本、専門機関での診断を受けて下さい。

その上で、ポジションなど相談に乗ることは出来ます。

 

下記は 通称 ぎっくり腰についてです

腰痛症.JPG

最近は、安静にする時間が長いほど、元に戻るのも時間がかかるといわれています。

「できる範囲」で動けるだけ動く方が回復が早いようです。

*圧痛とは文字通り、押す(圧がかかる)と痛いことです。

 

★身体の軸となる大切なところなので、自己判断だけでなく専門の医療施設にかかるようにして下さい。

 

その3では

ポジションやフォームについて掘り下げます。

腰痛が出る人はこんなポジションの傾向がある

背部痛が出る人はこんなフォームで走っているなど実例と合わせて皆さんに、自身を考えて頂きたいと思います。

志木店はソフトサービスが強力!!
サンデーライド=スポーツサイクルでの楽しみを野澤が伝えます!
レースライド=レースで勝つための練習。新開が一緒に走ります!
ポジション・バイクフィッティング・シューズフィッティングサービス=鍼灸師・JAFTスポーツシューフィットの資格を持つ高橋が実施する「あなたの為の」サービス!
・当社フィッター達のつぶやき・



「フィッター高橋の部屋」からだケア 腰の痛みその1

前回は 「膝の痛み」シリーズを掲載しました

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=80575

http://ysroad-shiki.com/column/2013/04/post-1212.html

 

今回は、痛みが出やすい部分 「 腰 」 です!

基本を知る「その1」をスタートします!”

 

まずはこの表を見てください

可動域リスト.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部位ごとの可動域の表です。

屈曲=曲げる動作(前屈) では、胸部が大きく動くことができます。ついで腰です。

伸展=伸ばす動作(反る、後屈)では、首と胸部が大きく動くことができます。

側屈=横に曲げる動作では、首が動くくらいで腰部・胸部ともに動きにくいのがわかります。

回旋=ひねる動作では、首が大きく動くことができます。腰はほとんど動きません。

 

この表をみると腰の可動域は対して大きくないのが見て取れます。

つまり

無理な前傾や姿勢を取ると 可動域の少ない「腰」に負担がかかりやすいとも言えます!

 

そこでポジションフォームが大切になります!

基礎知識はここまで!

 

その2では、痛みの判別を行います。

「この痛みは何だ?」と思ったことはありませんか?

ただの筋肉痛やポジションの問題なのか??ヘルニアやぎっくり腰なのか??

その判別を紹介します。

 

その3では

ポジションやフォームについて掘り下げます。

腰痛が出る人はこんなポジションの傾向がある

背部痛が出る人はこんなフォームで走っているなど実例と合わせて皆さんに、自身を考えて頂きたいと思います。



JAFT取得!シダスインソール成型サービススタートしました!

スポーツシューフィッターの資格を取得しました!

ベーシック研修(2日間)

解剖学、運動生理学、スポーツ障害と足の病気の基礎知識、スポーツシューズの機能・素材・製法に関する基礎知識、サイジングとフィッティング、インソールの効果と障害予防

を学び、テストをクリア!

 

次の

アドバンス研修(2日間+インソール研修1日)

筋バランスの原則と運動指導の要点、動作特性によるスポーツ障害、姿勢の分析と機能評価、歩行観察と歩行技術指導の基礎、インソール成型法

を学びテストをクリア!

JAFTのアドバンスの資格をゲットしました!!!

 

そんな自分の行う 「シダス インソール成型」サービス

10-15分程度の時間で実施できます。1回¥2500

バイオ「5000」や「プレミアム」と一緒に行えば、効果をより感じやすいでしょう!!

 

一連の流れは

sidas1.jpg

 

sidas1 (1).jpg

 

 

sidas1 (2).jpg

 

 

 

sidas1 (3).jpg

sidas1 (4).jpg

 

 

sidas1 (5).jpg

 

 

 

sidas1 (6).jpg

 

sidas1 (7).jpg

 

sidas1 (10).jpg

 

 

sidas1 (12).JPG

sidas1 (8).jpg

 

sidas1 (11).jpg

 

sidas1 (9).jpg

 

志木店はソフトサービスが強力な店!!

サンデーライド=スポーツサイクルでの楽しみを野澤が伝えます!
レースライド=レースで勝つための練習。新開が一緒に走ります!
ポジション・バイクフィッティング・シューズフィッティングサービス=鍼灸師・JAFTスポーツシューフィットの資格を持つ高橋が実施する「あなたの為の」サービス!



「フィッター高橋の部屋」プレミアム報告 膝やふくらはぎが痛む、特に長距離で・・・

http://ysroad-shiki.com/column/cat2/

以前の記事は↑こちら

 

今回のお客様は週一自転車に乗り、100kmくらいのロングを走る方。

膝やふくらはぎが痛む時があり、特に長距離乗ると膝が痛むそうです。

ポジションが適正かどうか疑問をお持ちでした。

まずは身体測定→用途決定→自転車データ入力=バイオ5000のデータシート抽出!

web20120901bio.JPG

           元のポジション   バイオのポジション    フィッティング後のポジション

サドル高     685           708             708

サドル後退幅   42            50              55

サドルハンドル落差 50            76              65

サドルハンドル距離 483           525             500

 

バイオのデータを元にクリートの位置や角度を調整。

膝の角度や皿の位置からサドル位置を決定。

柔軟性なども考慮し、ハンドルの高さなど位置決定。

右足が短いように感じたが、骨盤の歪みが考えられる事案があり

ストレッチで骨盤周りの筋肉をケアし、歪みをなくしていくのがフィッティングへの近道!と提案させていただきました。

 

ペダリングのスキルを見るスピンスキャン

web20120901前.JPG

パワーは左右差なく50%づつ

「ムラ」をみるスピンスキャンも71づつとまあまあの点数です。

しかし波形が悪い見本の「W型」

12時からだんだん力が入る(グラフが伸びる)はずが、力が抜けている!

2時くらいの位置まで力が入っていません!!

4時-5時で最大のパワーが出ていますが、推進力にはあまりなりません。

(3時付近で最大パワーになるのがもっとも効率よい推進力になります)

完全に踏み遅れです。

 

これをペアリング時の筋肉の使い方や意識を伝えて、イメージを作ります!

一朝一夕で改善できないのが スキル です。

常に意識し動作を行うことでしか 脳と筋肉が結ばれて正しい動きを行う 結果に結びつきません!

 

志木店では予約受付中!

アフターフィット(プレミアム実施後の30分程度の再チェック+2kmTT)も¥3000で実施中です!

ご予約は048-471-0069 担当高橋  までお問い合わせ下さい。

(実施希望日を複数頂けると調整しやすいです)


志木店はソフトサービスが強力!!
サンデーライド=スポーツサイクルでの楽しみを野澤が伝えます!
レースライド=レースで勝つための練習。新開が一緒に走ります!
ポジション・バイクフィッティング・シューズフィッティングサービス=鍼灸師・JAFTスポーツシューフィットの資格を持つ高橋が実施する「あなたの為の」サービス!
・当社フィッター達のつぶやき・



「フィッター高橋の部屋」バイオレーサープレミアムS様

「フィッター高橋の部屋」で 自分らしい記事アップしてます。

http://ysroad-shiki.com/column/cat2/

プレミアムや5000を実施していますが、たまには報告も。。。

 

S様

BGフィット実施。ヘルニア(実施の3ヶ月前)

疑問点:お尻の筋肉の使い方、ケイデンスの見つけ方

その他:左の膝裏に痛み、左ふくらはぎが攣る

・計測実施

Sbio.JPG

             変更前  →  バイオ → 実施後

サドル高        727        729     740mm

サドルハンドル落差    92         93       92mm

サドルハンドル距離   541        581      550mm

サドル後退幅      76         62       78mm

*上記変更の主な理由

膝の角度からサドル高が低いと判明し、適正へ上げた。腿と下腿の長さの比や足の大きさや足首角度により「膝角度」が変わるためS様に合わせて修正

柔軟性(外側ハムストリングスの方さ等)や、運動強度によりハンドルの距離はバイオほど遠くせず。

などなどフィッティングを実施。

 

ペダリングスキルは

S様前後.JPG

 ↑画像左側がフィッティング開始時      右が最終状態。(見づらくてすいません) 

赤が上死点で15度ごとにグラフ表示された「パワー」がリアルタイムで表示されます。

左側は上死点(12時)からだんだんパワーがかかるのが理想なのに対し、二つ目までパワーが下がっています。

しかも緑から青に変わるあたりが3時の位置に、最大パワーを乗せて効率よく推進力に変えたいところですが、こちらも二つ目まで遅れています。

つまり

上死点での動きの連動が上手くないため、踏み遅れにつながっていました。

S様はフィッティング中の短い時間で見事改善!!

多くの方が「宿題」にならないといけないのに、左のグラフはほぼ完璧な波形!!

すばらしいです!!

効率よくパワーが伝わり、無駄なパワーも使わないので  楽に速く走れる! ということです。



からだケア 膝の痛みその3

前々回 http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832

前回 http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=80575

ここまではポジションが最適と仮定しての話でした。

ではポジションがおかしい場合はどうなるか!!→膝が痛くなることが有ります!!

 

主にサドル位置baioサンプル.JPG

↑バイオ5000とプレミアムコースで使用するデータシートです(参考)。

サドルが前=前腿の筋肉を使いやすいため、前腿の疲労が大きくなります。結果前腿や膝の周囲に痛みが出ることが有ります。

サドルが後=ハムストリングスや臀筋が使いやすいため、膝の後ろ側周囲が痛くなったりします。腰痛が起こることも有ります。

サドルが高い=膝の前、特に上が痛くなる事があります。ダンシングが多すぎる場合も同様です。膝上の内側広筋が使いすぎるために痛みが起こる場合があります。内転筋群を使うペダリングにより内転筋を痛める場合も有り、ガ足を痛めることもあります。

サドルが低い=前腿を痛めることがあります。踏み込むパワーは増すことが多いですが、大腿部のパワーバランスが悪いので不効率でもあります。

 

その他、ペダリングの問題もあります。

引き足を使いすぎる又は、下死点で足を後に流しこむ=膝裏の筋肉を痛めやすいです。踏み込む以上の力が出ることは無いので程ほどにしましょう。鍛え上げた選手などは例外ですが、一般的な多くの方はリスクが大きすぎます。

膝が踏み込むたびに左右にぶれる=ペダリング軌道に正しく動かす筋肉の使い方が出来ていないため、膝に負担がかかります。筋肉の使い方だけでなく、クリート位置や足とシューズの相性により起こりえる場合も多いので、シューズの見直しとインソールでのフィッティングをオススメします。(クリート位置等はバイオプレミアムにて見直しします)

過度のアンクリング=下腿の負担が大きくなり膝下の痛みに繋がることもあります。攣ったりしやすいのでパフォーマンス低下を招くことも有ります。

 

などなど、一般的にはこんな感じでしょうか。

大分説明不足やはしょっているところも有りますが、是非とも気軽に相談下さい。

志木店では バイオレーサー1000はもちろん 5000もプレミアムも実施中です。

ご希望の方はご予約下さい。048-471-0069

 

当社会員のお客様実業団登録のお客様は、事前に予約頂ければポジションなどご相談の時間を取らせて頂きます(30分くらい)。相談内容に応じて5000などフィッティングを提案させて頂きます。



からだケア 膝の痛みその2

前回の記事は

http://www.jitensya.co.jp/shopnews/detail.php?bid=78832&mode=4&area=1&maker1=&maker2=&P=1

今回は続きですが、絵がないので面白くないかも・・・

この内容は一般的な例ですので、全ての方が当てはまったり対応が適切だったりするわけではありません。

「専門家に見てもらう」が一番だと思います。その前のセルフチェックにいかして下さい。

 

痛む部位 →チェック2:筋肉→ →陽性(ダメな時)→ →結果
皿の上下: 上:大腿四頭筋を押す 痛みが出る →Aへ
下:膝皿靭帯部を触り、大腿四頭筋も押す 痛みが出る →Aへ
膝の内側: 大腿骨に沿って内側の筋を押す 痛みが出る →Bへ
皿の内下方の「が足」部を押す 痛みが出る →Cへ
内側のハムストリングスを押す 痛みが出る →Dへ
膝の外側: 大腿骨に沿って外側の筋を押す 痛みが出る →Eへ
膝裏(膝の中): 膝を少し曲げ、膝裏の真ん中を押す 痛みが出る →Fへ
膝裏少し下(左右): 膝からふくらはぎの筋にかけて下へ押していく 痛みが出る →Gへ

 

下腿筋肉.JPG

★痛みがあるときは、安静+アイシングが基本。痛みが重度なら病院(スポーツ整形など)へ

以下、対応です。まずは「A」

 

1.大腿直筋: 大腿中央、腿を上げる(股関節屈曲)・膝を伸ばす(膝関節伸展)
原因:大きな筋肉でこの筋が収縮して膝の上下の付着部が痛んでいる可能性あり
対応:柔軟性の低下・使いすぎが考えられる。柔軟性については日頃のストレッチで改善を促す
①柔軟性:日頃のストレッチで改善を促す(うつ伏せで膝を曲げ、踵とお尻が付かないと硬い)  
②使いすぎ:ペダリング自体を見直す必要があるかもしれない。ハムで踏まず四頭筋で踏んでいる可能性もある
                 
2.内側広筋:大腿部膝よりの内側。筋肉が盛り上がっているところ。膝を伸ばす(膝関節伸展)  
原因:足を伸ばしきる時、最大のパワーを発揮する筋。使いすぎが考えられる    
対応:ピークトルク(3時)に入力されているか?またダンシング時のペダリングでも黄昏てないかアドバイスする
                 
                 
「B」                
内転筋群・薄筋:膝を内側に入れる・内転筋群は踏み込みにも使える(正しい使い方でない)  
原因:X脚・ペダリング時膝が内に入る・踏み込みにすべての筋を動員している(オーバーパワー)  
対応:脚のアライメント調整(カントなど)。ペダリングの見直し        
                 
                 
「C」                
が足=半腱様筋(股関節伸展、膝関節屈曲)・薄筋(股関節・膝関節屈曲)・縫工筋(股関節・膝関節屈曲)
原因:半腱以外は大きい筋でなく補助的役割の筋であり、痛みが出るということはオーバーワーク(ユース)が考えられる
対応:ペダリング時の主働筋である腸腰筋・臀筋群、次いでハムストと大腿直筋を使うよう矯正していく
                 
                 
「D」                
半腱・半膜様筋:股関節伸転、膝関節屈曲          
原因:ペダリングと連動しにくい筋(1-4時は股関節伸転、膝関節も伸転)で、負荷がかかると付着部や細いところ
に痛みが出やすい              
対応:ペダリング矯正。筋肉の連動性を高める(連動しにくい筋であってもトレーニングで高めることは出来る)
この時、強度は低く・回転数も低くし筋肉の動かし方に注意し矯正を進める    
                 
                 
「E」                
腸脛靭帯(+中臀筋):膝が内に入らないように支える        
原因:オーバーユースが第一。次いでペダリング時に膝が開いている・O脚であると靭帯が骨と擦れて痛みが出やすい
対応:ペダリング矯正。アライメント調整。サドル高の見直し(膝角30度前後で擦れる)  
                 
                 
「F」                
膝か筋:膝関節屈曲              
原因:大きい筋肉であるハムストリングスや下腿三頭筋により痛みが発生しやすい    
対応:ハムストや下腿のストレッチを十分に行う。          
                 
                 
「G」                
下腿三頭筋(ひ腹筋、ひらめ筋):膝関節屈曲(ひ腹筋)、足関節の底屈    
原因:アンクリング、または過度の反アンクリングによる高負荷。オーバーワーク    
対応:下腿のストレッチ、ペダリング時のアンクリングチェック        
足首角は10-20度が安定=踏力に一番耐える          

 

つらつらと書かせて頂きました。

最後まで読む人はいるのか!?

理解している人はいるのか!?

自問自答はおわりません。。。

 

Gの補足としては、各シューズメーカーがクリート水平にすると、靴裏が10-20度くらいになるようになっています。

kakudo.JPG

色んな文献など調べましたが、かかとを何度上げるのが効果的かは分かりませんでした。

上記のように、経験則てきに各メーカーも導き出していると思います。



からだケア 膝の痛み その1

鍼灸師兼バイオフィッター兼BGフィッター兼店長・・・の高橋です。

フィッティングサービス「バイオレーサー」もやっていますが報告が出来ず。。。orz

 

今回は

皆さんから質問されること・・・「膝が痛い

自分も膝痛があります。癖になってしまっています。

きちんとケアすれば改善できる!

今回の話はベースとして「ポジションが正しい」のに起こることについて言及していきたいと思います。

*基本的に病院での早期受診をオススメします!

 

主に自転車での起こりやすい障害をメインに考えます。      
               
*自転車が原因と考えにくいもの、あまり原因とならないもの      
変形性膝関節症=年とともに誰でも軟骨や半月板などが変化する。それにより痛みを伴うもの
半月板損傷=膝に強い衝撃がかかって起こることが多い。屈伸運動(深い)でも起こることはある
前・後十字靭帯損傷=膝にタックルなど外力がかかることで損傷する    

 

・触診(重度の場合もあるのでまず最初に触る時は、豆腐(木綿)を崩さない程度の力加減で触ること!)

 

痛む部位 →チェック1:靭帯→ →陽性(ダメな時)→ →結果(靭帯などの障害)
皿の上下: 膝を伸ばして皿を上から押す*1 ぶにゅぶにゅする 水が溜まっているので安静
膝の内側: 膝外側から手で内側へ押す*2 痛みが出る・不安定 靭帯を痛めてるので安静
膝の外側: 膝内側から手で外側へ押す*3 痛みが出る・不安定 靭帯を痛めてるので安静

靭帯触診.jpg

★靭帯・水腫は基本病院へ急ごう!!

 

 

痛む部位 →チェック2:筋肉→ →陽性(ダメな時)→ →結果/対処方法
皿の上下: 上:大腿四頭筋を押す*a 痛みが出る/張る →Aへ
下:膝皿靭帯部*bを触り、大腿四頭筋も押す 痛みが出る →Aへ
膝の内側: 大腿骨に沿って内側の筋を押す*c 痛みが出る/張る →Bへ
皿の内下方の「が足」部を押す*d 痛みが出る →Cへ
内側のハムストリングスを押す*e 痛みが出る/張る →Dへ
膝の外側: 大腿骨に沿って外側の筋を押す*f 痛みが出る/張る →Eへ
膝裏(膝の中):

膝を少し曲げ、膝裏の真ん中を押す*g

痛みが出る →Fへ
膝裏少し下(左右): 膝からふくらはぎの筋にかけて下へ押していく*h 痛みが出る/張る →Gへ

下腿筋肉.JPG

結果と対処方法は次回へ!



[fitter屋高橋]志木店にて本日PLMデモ実施!

本日実際にプレミアムコースを行い、デモンストレーションとして皆様にも見て頂きました。

本日実施は当店アルバイトでもあるサカモトさん

DSCN1889.jpg

 

 

実際に皆さんが囲んでいる

写真とか撮り忘れました・・・

 

実施と説明で頭がいっぱいになってしまいました。

 

もちろん内容は通常のプレミアムコースを実施。

途中、見学のお客様からも質問に答えつつ実施しました。

 



[fitter屋高橋]5月の予約受付開始!+28日PLM見学会開催!

来月5月の予約を受付中です!

5月予約.JPG

 

5000コース

プレミアムコースともに

実施希望日の1週間以上前に

お電話にてご予約下さい。

048-471-0069

(複数の希望日を用意して頂くと助かります)

 

加えて!

「バイオレーサー プレミアムってどんな感じ?」と疑問の方!

PLM見学会を実施します!

28日11時より、デモンストレーションをお見せします。

出入り自由!

途中からでもOKです。

実施時間は約3時間!最初の1時間は採寸などなので少し面白くないかもしれません。

真ん中1時間はポジションやフォームのことなので面白いと思います!

 

初心者の方ほど癖がないので、ロード暦1年前後の人は是非実施してみてください!

ぜっっっったいぃぃぃに!!近道です!!!!!

バッチ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車は素晴らしい!
人生変えちゃうかもしれない志木店へご来店ください!
 

2012/04/23  takahashi



[fitter屋高橋]本日のPLM実施者!!+告知「PLMデモンストレーション実施」

本日の雨の中、ご予約時間に自走でご来店頂きました。

DSCN1817.jpg

 

 

早速セッティングして

身体計測・・・

 

手足が長く欧米人体型!

 

手は欧米人の平均より長いくらい!

柔軟性も、背部・ハムストリングス共にあり、カントも標準。

あまりやることがなさそう・・・

 



[fitter屋高橋]女性もプレミアム!!

本日のお客様

彩湖SRにも参加のお客様です。

スポーツサイクル歴は1年強。PLM800-1.JPG

ロングライドもしますが

レースにも!!

 

今回は

「レース」も見据えてフィッティング

をしました。



[fitter屋高橋]実施者JCRC入賞!4月予約受付開始

今月頭に実施したお客様。

先日のJCRCでクラス4位入賞となりました!

「プレミアムのおかげで」とおっしゃってましたが、本人の足があってこそ!

しかもまだペダリングスキル向上中なので、今後に期待です!

4月の予約表です。

PLM4月予約.JPG

 

 

 

 

 

 

既に予約頂いているところもあります。

自分の都合で予約受付日が半分しかなく申し訳ありません。

予約は必ず1週間以上前には、お電話で確認ください。

048-471-0069(高橋まで)

 

2012/03/31  takahashi



[fitter屋高橋]本日も「プレミアム」実施!初JCRCに向けて!!

初めてのJCRC参加に向けて!

「やれることはやっておきたい」「少しでも疑問や身体の違和感を解消したい」

自然な気持ちだと思います。

DSCN1616.jpg

 

 

 

 

 

 

 

最近膝が痛くなる事があるそうです。



[fitter屋高橋]バイオPLM「TT」ポジションも実施!

先日、TTバイクのフィットを実施しました。

120225TT.JPG

 

 

 

 

 

 

 

トライアスロンではなく「タイムトライアル」ポジションでのPLMです。



[fitter屋高橋]プレミアム再フィット実施「効果が出ました!」

以前プレミアムを実施のお客様です。

120225.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

最近回転数を変えて走ったところひざに痛みが出たそうで、今回は無理をせずに実施です。

 

 



[fitter屋高橋]本日もPLM:ペダリングスキル中心に!

本日のお客様は、ペダリングスキルに疑問をお持ちの方(主に)。

DSCN1546.jpg

 

 

とはいえ、クリート位置も前後・左右変えました。

カントもあったので、シムも入れました。

 

 

サドル高も1cm上げました。

でも一番気になるのは「ペダリング」!!

 



[fitter屋高橋]本日もPLM実施です!

本日のお客様は、走りの改善もありますが

新車のISPフレームを買うにあたり、サドル高を決めたいというお客様でした。

(ISPは切りすぎたら取り返しがつかないのでサドル高が大切!)

 

体型的には非常にバランスのいい、手足の長い外国の方と同じような体型!(羨ましい)

20120202.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 



[fitter屋高橋]同じ前屈でも意味が違う!

「柔軟性が大切ですよ」と言っても色んな意味があります。

本日、ちょっとお客様から質問があり、柔軟性について説明しました。

ここでは実例を。

 zenkutu.JPG

 

 

 



[fitter屋]テレ朝「ナンだ!」でもやってた腸腰筋ってなんだ!?

ナンだはたまにチェックする程度ですが、たまたま見たのが

腸腰筋の回

腸腰筋.JPG

 

大腰筋

腸骨筋

を合わせて

「腸腰筋」と呼びます。

 

これが自転車乗りにとっても大切な筋肉なんです!



志木店[fitter屋]高橋 1/19PLM実施のK様

本日も実施しました。

ロード3年目。

今年はJCRCなどレースにも挑戦してみたいということ。

特に痛みや気になるところはないが「今のポジションで良いのか」疑問があるということです。

DSCN1310.jpg

足の矯正いらずの体の持ち主でした。



オフこそポジションを見直すべきです!

みなさん今シーズンはいっぱい走りましたか?

ポジションやフィッティングは、レースに出る人だけのものじゃありません!

 

始めて間もない方ほどクセがないので修正しやすいです

 

乗りこんでいる人は、オフに入ったので自転車以外のスポーツを1か月して体をリセットするとフィッティングがし易くなります。

DSCN0505.jpg



志木店[fitter屋]12月12日実施のH様

121212PLM羽深様 (5).JPG

本日は来年はJCRCに挑戦してみたいというH様

 

すでに体は出来ています。

 

柔軟性も高く深い前傾も苦もなく乗れています。

 

 



志木店[fitter屋]12月10日実施のK様

本日(12/9)、バイオレーサープレミアム(以下PLM)を実施。

本日は志木SR・レースライドでお馴染みのK様。

オフシーズンに入ったということで、来季に向けての見直しをしたいということでした。

JCRCや実業団にも出ています。

20111209.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



'11年サマーサポートキャンペーン 志木店 お客様の声No.1

'11年サマーサポートキャンペーン 志木店 お客様の声No.1

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1.フィッター情報

①店舗:志木店

②担当フィッター:高橋

massage.JPG 

③フィッターより一言

「鍼灸師の資格も持っています。BGFITも行えます。ポジションについて、身体の使い方についてなんでもご相談下さい!」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.お客様情報

①椎木」様

DSCN0495.jpg

②自転車のジャンル:ロードバイク

③ライディングスタイル:週2-4 100-300km

④目標にしている大会、イベント等:JCRCなどのレース

⑤フィッティング実施日:2011年5月30日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3.現在の悩みは?

「座面周辺の痛み」

「ときどき膝(左)の痛み」

「極端な前乗りの癖がある」

「ライディングポジションが狭いと言われていますが、パワーロスになっているのでしょうか」

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4.フィッティング後の感想をお聞かせください

「第三者が見てもわかるほど、ライディングフォームに良い変化が現れたので、自分でもコンプレックスがとれてライディングが楽しくなったと思います」

「40km/h以上での先頭交代で、以前なら殆ど前には出られませんでしたが、施術後のライドでは少しの間でも牽けるようになっています」

「ポジションが大きく変わったので、物見山などでのタイムは落ちていますが、ポジション変更の移行期の現象としてとらえています」

「バーチャルライドはペダリング・スキルを「楽しく」測定できるので、またやってみたいと思います」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

5.フィッターより、フィッティングの様子をご報告!

DSCN0496.jpg

動画で各方向からチェックします。(これは写真なのでわかりにくいですが)

立っているときは若干のO脚なのに、ペダリングすると膝が内に入りやすくなっています。

左右のペダリングスキルに差があったので、調べたところ、左右の脚の柔軟性に差がみられました。加えて右足自体でも腿の前後の筋肉の柔軟バランスが悪かったので、併せてストレッチの重要性をお伝えしました。

腰の落ち着きと骨盤自体のゆがみから、しっかり坐骨を支えるサドルをオススメしましたが、ご検討頂いてますか!?

もともとのレベルが高いです。

「もっと速く」系のセッティング→必然的に2kmのペダリングチェックもハイペースに!!

まだまだ改善の余地アリ!でしたので、もっと楽に速く走れると思います。

時間をかけてゆっくり身体を作っていきましょう!何かあれば声をかけて下さい。

 

「フィッティングは一日にして成らず!」今後も宜しくお願いします。



バイオレーサープレミアム!実施中+報告!!

今回も内容を少しだけ。

 

col0130 030.jpgまずは乗車姿勢を見つつフィッティング!

まずはそのままのお客様を把握することからスタートします。

 膝角・股関節角・肩・肘・背中・・・など気になるところをチェックします。

 

col0130 029.jpg

結構大切ですが見落としがちなのが「サドル」です。

基本的な話しですが、真ん中に座れてない方が多くいらっしゃいます。

ペダリングの問題

脚長差の問題

骨盤の歪み

筋力差など原因は様々ですが、膝の軌道にも影響するのでとっても大切です。

意識するだけで変わることがありますのですぐに直らなくても意識してみましょう。

(このお客様は大丈夫でした)

 

col0130 028.jpg

膝の軌道も見ていきますが、

後ろから見るときは腰が左右に動きすぎてないか、上半身が左右非対称に動いていないか、不自然な所はないかなども見ています。

上半身の使い方で踏み力の左右差が出たり、負担が片方の足にかかったりします。

これらはバランス調整やストレッチで左右差や張りの差をなくしていくことで改善されることもあります。

もちろんクリートの位置や角度が適正位置であることは前提です。

 

 

などなど、3時間前後をお客様とともに過ごし、一緒に悩みを解決していく・・・それがフィッティングだと思います。

フィッターだけでも、お客様だけでも、有効なフィッティングは成り立ちません。

 

先日は、以前BGFITをやったお客様が「プレミアム」を行いにいらっしゃいました。

細かいところのフィッティングは結果、変化が少なかったですが、ペダリング(スキル)が見えるという点はBGにはなかったので、自身のペダリングを客観的に感じて頂けたようです。

 

随時予約受付中ですので、お電話にてお問合せ下さい。

赤坂店 プレミアムフィッター(兼BGFIT・兼鍼灸師)高橋 03-5545-1525 

 



赤坂店!バイオレーサー「プレミアム」実施中!

レースシーズンに入りましたが、まだまだ

「ポジションを詰めたい!」

「見直したい!」

「コレで良いのか」

「痛みが出る」

「ペダリングについて知りたい」

という方で多くのご予約頂いています!

 

まず皆さんに問診し、疑問・知りたいこと・目標(目的)などを伺います。

そして身体計測+特徴を見させて頂きます。

毎回やっていただいているのが前屈。

col0130 011.jpg

前傾の基本的な背中のアーチの特徴を把握できます。

加えて柔軟性も見ます。

このお客様はハムストリングスが特に硬いのが見て取れます。

そのほかも実際に自転車に乗ったりしながら見ていきます。

DSCN0207.jpg

 

実際の目的の強度で走って頂いたり、負荷を上げていただいたりするので結構汗だくになります。

乗っているのを見て、フィットを進めていっても疑問が出てくることもあります。

そこは「BGFIT」のフィッターでもあり、「鍼灸師」の自分ならではだと思いますが、両方の知識も使いつつ、都度柔軟性などを個別に追加で見ることもあります

col0130 013.jpg

もちろん膝の動きやペダリングにともなう上半身の動きや使い方などもチェック&修正していきます。

ペダリングスキルのレクチャーも行ないます。

 

正しいポジションもフォームありき!

正しいフォームも体の使い方が駄目では活かせない!

 

随時受け付けていますので、お問合せは 赤坂店「高橋」までお願いします。

03-5545-1525 

 

110321 タカハシ



赤坂店 先日発売のバイクラに載ってます!!

先日取材を受けたバイクラの記事が載りました!

baikura.JPG  

記者さん、カメラマンさん、実施記者さんと3名。

途中で説明も入れつつ実施しました。

GEDC0794.JPG

↑このスタジオで行ないました。

GEDC0783.JPG

膝角やフォームをチェックしたり・・・

(カメラマンさんが写ってしまってます)

GEDC0785.JPG  

クリートの前後位置を見たり・・・

GEDC0782.JPG

色んな角度からフォームやペダリングをチェックし

GEDC0787.JPG

ペダリングスキルを解析!!

データに基づく「バイオレーサー 5000」のコースのポジションデータももちろん出してから

PLMのパーソナルフィット(上記)を行ないます。

 

これだけやって¥20,000は安すぎると思います。

もちろん自分も受けましたし、BGFIT資格者でもあることから判断しても、絶対お得!!

 

5Fで行なっていますので、実施中に出会ったら見学していって下さい。

赤坂店 高橋



 TOPPAGEIndex TOPPageTop